デュタステリドを使用して、本当に副作用の心配はない?

dutavolve

デュタステリドは、比較的新しいAGA治療薬です。

プロペシア・フィナステリドでは、なかなかいい効果が出ない方々に特にオススメしたいです。

 

しかし、デュタステリドという成分の名前もまだそれほど知名度を持っている訳ではありませんし、デュタステリドを使用して大丈夫?という気持ちの方々もまだいらっしゃるのではないでしょうか。

そして、使用するとしても、問題はその副作用です!

デュタステリドの最安値販売店はどこか見てみる

 

デュタステリド販売者がひたすらに隠そうとする不都合な真実。業界の闇を追う!

ひょっとしたら、デュタステリドという成分は、プロペシア・フィナステリドよりも、全然効果が期待出来ない嘘モノなのかもしれません。

ここはじっくり、デュタステリドの真実を暴かねばならないでしょう。

 

デュタステリドという成分は、男性型脱毛症(AGA)に効果があるとされる有効成分です。日本では、「ザガーロ」という名称でも出ています。どちらとも、同じです。

デュタステリドは、5α-リダクターゼⅠ型・Ⅱ型の働きを阻害、男性ホルモンからDHTが生成されることを抑制します。

 

類似商品のプロペシア・フィナステリドでは、5α-リダクターゼⅡ型の働きしか阻害することができませんので、デュタステリドの方がより効果があります。

 

とにかく、今すぐにでも、プロペシア・フィナステリドでは効果なし!という方は、デュタステリドという成分を試してみるべきでしょう。

 

デュタステリドが、効果ありというのは事実ですので。

 

しかし、私達が注意しなければならないのは、効果が高い医薬品ほど、副作用の問題を心配しなければならない、ということです。

副作用の心配は一切無視というのは、医薬品に対しての正しい向き合い方ではありません。

 

ただし、そもそもいい効果が期待出来ること自体、副作用の表れなのです。

デュタステリドという成分は、「効果が期待出来ない」という心配よりも、むしろ効果があるからこそ、「副作用の問題は大丈夫か?」という心配の声が多く、また使用者の数もかなり増えてきたことから、何か不都合なことを隠しているのではないか?と疑いの目がかけられるようになったというだけで、販売側が何か重要なことを隠していることはありません。

 

それであれば、そもそも我が国の厚生労働省が許可するわけがないですし。

 

しかし、心配は心配ですよね。

 

では、どんな副作用があるのでしょうか。以下、見ていきます。

 

デュタステリドに副作用はある?どんな症状があるのか?

実際に、デュタステリドを利用する方々は、副作用の問題も同時に心配しなければならないでしょう。実際、デュタステリドは、「副作用を持っているから使用しない」という方々もいらっしゃるほどです。

使用にあたっては、しっかりそのリスクも知らなければ、薄毛の解消とともに大事なものを失ってしまうかもしれません。

 

デュタステリドを利用した上で10人に1人以下であらわれる主な副作用としては、勃起不全、射精障害、性欲減退、抑うつといったものが報告されています。

このような副作用については、服用を中止した後でも、しばらくの間、持続するケースも報告されています。

 

また、100人に1人以下であらわれる副作用には、乳房障害があります。乳房の腫れや痛みが起こる可能性があります。

男性の生殖能力への影響はそれほどあるわけではありませんが、精子の数や精液の量を減らしたり、精子の運動を弱めてしまう可能性は若干なりともあるとされています。

 

ただ、それでも、症状が表れるのはあくまでも、10人に1人以下です。

デュタステリドの最安値販売店はどこか見てみる

 

頭痛が出る?

デュタステリドで、軽い頭痛の副作用も起こる可能性があります。

発症頻度はそれほど高くないのですが、体調に異変を感じたら、医師に相談した方が安心です。

 

肝臓への影響は?

デュタステリド服用で肝機能障害の副作用のケースの報告もあります。

デュタステリドは、成分が肝臓で分解されることによって効果が半分になるまでの時間半減期は3~5週間とやや長いのが特徴です。

半減期が長いだけ、肝臓に対する負担は大きいと考えることができます。

 

ただし、用量依存性はなく、服用量を増やしたからといって副作用は大きくはならないとされています。

 

腎臓への影響は?

デュタステリドは、それほど腎臓に対しての副作用のケースは多くはありません。

 

デュタステリドで副作用が出たという人の口コミ

実際にデュタステリドを利用している人たちは、どの程度副作用の影響を受けているのか口コミからもチェックしてみましょう。

 

54歳 自営業男性

デュタステリドは、非常にいい効果が期待出来ると言われていますが、同時に副作用も心配は心配ですね。

肝機能低下の副作用が起きる可能性が指摘されていますが、実際に自分は酒飲みなので、肝臓がもともと強くないので心配です。

デュタステリドという成分は、Ⅰ型・Ⅱ型両方の5αリダクターゼを阻害するので、より副作用が大きくなるということを心配しなければならないようです。

デュタステリドを使用して、1年

今のところ、肝臓に対して副作用は出たということではありませんが、性欲減退がやや起きている感じはあります。

ただし、気のせいかな程度の問題ですが。年齢も年齢なので、エイジングのせいかもしれません。

 

デュタステリドで副作用症状が発生する確率はどれくらいか?

臨床試験では、デュタステリドでの副作用の発症確率は、すべての症状を合わせると17.1%です。

性機能障害は、11.6%とされています。また勃起不全4.3%リビドー減退3.9%射精障害1.7%という確率で起こる可能性があります。

 

まとめ

いかがでしょうか。

デュタステリドには、副作用が存在してといるのは事実です。

 

しかし、だからこそ、効果があるのです。

 

まったくリスク皆無で、効果を期待するというのは、どんな薬でもありえません。

デュタステリドは、AGA治療薬として有効的で、日本の厚生労働省も使用を許可している信用のある商品です。

 

正しい用法・用量を守って使用すれば、問題ありません。

デュタステリドの最安値販売店はどこか見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)