フォリックスfr16を使用して大丈夫?起こる可能性のある副作用まとめ

fortuitous-fr16

フォリックスfr16を今、薄毛やハゲ、抜け毛が激しくて悩んでいる男性の多くが注目しているのではないでしょうか。

しかし、フォリックスfr16は、それほど名前がメジャーではありませんし、使用して大丈夫?と思っている人たちもいるかもしれません。

 

確かに、フォリックスfr16は、かなり効果が期待出来る育毛剤だと評判です。

しかし、いざ使用するぞ!となった時に、そのような効果的な商品だ!と評判のものに対しても、副作用という問題を懸念しなければなりません。

そもそも医薬品の効果自体、副作用のようなものです。

 

そこで、今回の記事では、フォリックスfr16の効果と同時に副作用の問題について分析し、本当に使用して大丈夫なのか?検討しましたので、ご覧ください。

フォリックスfr16の最安値販売店はどこか見てみる

 

フォリックスfr16の副作用は何がある?

実際に、 効果的な医薬品を使用している方々は、副作用は大丈夫か……?という心配をすることでしょう。

そもそも医薬品であるということ一点で、副作用が発生する可能性を否定することはできません。

 

では、なぜ、副作用は起こるのでしょうか。

以下がその主な原因です。

 

・医薬品の持っている性質
・購入者の医薬品の使い方
・医薬品を使う人たちの体質
・体調の悪い時の服用

 

多くの医薬品は、ひとつの作用だけ及ぼすということではなく、複数の作用を示すので、 治療の効果とは違う効果が発揮されてしまうことがあります。

医薬品の代謝物が作用をしていることもあり、 体質・免疫が関与するという場合もあります。

医薬品、 その代謝物による過敏症で起きてしまったということもありうるのです。

 

副作用が起きてしまった場合には、 早期に対応することが非常に大切です。

最近では、個人輸入で医薬品を購入するケースも増えてきていますが、正規品であることをしっかり確認して、自分の体質に合っているかどうか、成分をしっかりチェックして、用法用量をしっかり守った正しい使い方が必要です。

 

フォリックスfr16の成分

フォリックスfr16は、ミノキシジル(16%)、 フィナステリド、 アデノシン、 銅ペプチド(トリペプチド-1銅)、アゼライク酸、プロキャピル(オレアノール酸・ビオチノイルトリペプチド-1・アピゲニン)などの成分が含まれており、生え際の後退・M字ハゲにも期待値のある製品です。

フォリックスには、FR15というミノキシジル15%ローションも販売されていますが、フォリックスfr16は、ミノキシジルが16%、それ以上の最強ミノキシジルです。

 

また、男性型脱毛症(AGA)の原因である悪玉男性ホルモンを抑制するフィナステリド、髪の成長をサポートしてくれるアデノシンやプロキャピルといった育毛成分も見逃すことができません!

 

ポラリスNR-10の後継商品

ポラリスNR-10といいう商品も以前、とても人気でしたが、現在は販売終了しました。フォリックスfr16の位置づけは、ポラリスNR-10の後継商品というとらえ方でいいでしょう。

 

ポラリスNR-10の有効成分は、ミノキシジル16%・フィナステリド・銅ペプチド・パンテノール・プロシアニジンB2・血管内皮増殖因子(VEGF)・アラントイン・ペプチド複合体・ビタミン複合体です。

フォリックスfr16は、ミノキシジル16%・フィナステリド・銅ペプチド・パンテノールにプラスして、 アデノシン・アゼライク酸・プロキャピル(オレアノール酸・ビオチノイルトリペプチド-1・アピゲニンの合成成分)など成分が追加されています。

フォリックスfr16の最安値販売店はどこか見てみる

 

海外商品だが、安心できる!

フォリックスfr16は、アメリカ製品です。製造メーカーはSapphire Healthcare LLC(サファイア・ヘルスケア)社。

今まで、国内の医薬品を使用していた方々は、海外の医薬品に対して、使用して大丈夫か?という不安を抱いてしまうかもしれないですよね。

 

しかし、アメリカの育毛剤は、cGMPというFDA(アメリカ食品医薬品局)の厳しい品質基準に従って製造されています。

アメリカにも厳格なルール基準がありますので、日本製よりもむしろ信用できると言ってよいのです。

 

しかし、だからと言って副作用の問題は心配しなくて大丈夫!ということではありません。

このあたりの問題をしっかり理解してください。

 

フォリックスfr16はエタノールとプロピレングリコールは不使用

ロゲインなどローションタイプのミノキシジル育毛剤の多くは、エタノールとプロピレングリコール(PG)の成分が配合されています。

エタノールとプロピレングリコール(PG)は、水に溶かすため、保存性を高めるため使用されますが、エタノールとプロピレングリコール(PG)が配合されていますから、頭皮の痒み・かぶれ・炎症と言った副作用の心配をする必要があります。

 

しかし、フォリックスfr16は、その点、クリームタイプの育毛剤で、エタノールとプロピレングリコールは不使用です。

 

また、セタノール(セチルアルコール)とフェノキシエタノールの使用はありますが、両方、皮膚に対しての刺激はそれほど強いものではありません。

 

ズバリ、フォリックスfr16の副作用を心配する必要はアリ?ナシ?

フォリックスfr16は、ミノキシジルが配合されています。

ミノキシジルには、頭皮の痒み・かぶれ・フケ・発疹・発赤、更にめまい・頭痛・胸の痛み・動悸・顔、手足のむくみ・体重の増加・体毛の増加の副作用が報告されています。

 

この中でも、副作用の報告が多いのは、頭皮の痒みと炎症です。

 

エタノールとプロピレングリコール不使用なので、安心して使用することができるフォリックスfr16なのですが、ミノキシジルに対しての副作用は注意しなければならないでしょう。

特に、アレルギーなどある方々は注意しましょう。

 

また、フォリックスfr16は、フィナステリドが配合されているため、そちらの副作用もあります。

プロペシアを使用している方々は、 肝臓機能の障害や性機能関連の副作用が報告されています。

経口の摂取よりは、副作用は少ないとされていますが、それでも注意は必要です。

 

また、フィナステリドは、男性ホルモンに影響を及ぼすものなので、女性の人たちは使用することができません。妊婦や授乳中の女性は特に注意しましょう。

20歳未満の未成年の人たちも使用することができませんので、注意です。

 

まとめ

いかがでしょうか。

海外製造でもフォリックスfr16は信頼して使用することができる育毛剤です。しかし、それでも使用する人たちは、副作用を注意しなければなりません。

 

副作用とは、効果が期待出来る医薬品だからこそあるものだからです。

 

ここまで説明してきました通り、男性であれば、使用しても問題ありませんが、購入にあたっては、正規品であることを完全保証している業者からの購入を強くオススメします。

詳細は以下ページをご覧ください。

フォリックスfr16の最安値販売店はどこか見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)