パントガールは副作用の心配ある?本当に使用して大丈夫なのか?

panto-girl3

パントガールは女性専用の薄毛治療の内服薬です。効果が高いことから、若い女性を中心に飲む人が増えています。もちろん、50歳や60歳を超えても、効果が期待できる商品です。

 

しかし、高い効果があると心配になるのが副作用

いくら高い効果があっても、副作用があるようなものは飲みたくないですよね。

 

そこで、この記事では、

「パントガールを飲んでも副作用は起こらないのか」

「乳ガンなる心配はないのか」

について詳しく解説していきます。

 

ぜひ最後まで、読んでみてください。

パントガールの最安値販売店はどこか見てみる

 

パントガールの副作用は何がある?

最も気になるパントガールによる副作用ですが、今のところ心配はありません。

 

パントガールを使用した臨床実験によると、3ヶ月の使用で70%の人が抜け毛が減ったことを実感しています。

また、20%の人は抜け毛がほとんど無くなったという報告がなされています。

 

しかし、このような高い効果があるにも関わらず、副作用に関しては報告されていません。つまり、適正に飲んでいる範囲内では、副作用は起こらないのです。

 

以下では、さらに踏み込んで、パントガールに含有されている有効成分を見ながら、副作用リスクについて説明していきます。

 

ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質の代謝を促進する成分です。摂取することで、代謝が良くなるので、余分な糖質が中性脂肪に変わるのを防ぐことができます。

中性脂肪が身体に溜まると、皮脂の分泌が増えて頭皮環境を悪化させて、薄毛の原因となります。摂取することで頭皮によい影響を与えますが、身体に悪影響を与えることはありません。

 

特に、過剰摂取が気になりますが、ビタミンB1は余分に取った分は身体にたまらず排出されます。そのため、ビタミンB1による副作用はありません。

 

パントテン酸カルシウム

パントテン酸は、ビタミンB群に属していて、ビタミンB5とも言われている成分です。脂質や糖質、たんぱく質の代謝を促す成分です。

ビタミンB5は、ビタミンB1と同様に、水溶性の成分。つまり、身体にたまることはないので、過剰摂取による副作用は心配ありません。

 

ただし、パントテン酸カルシウムは、過剰に摂取すると、下痢や嘔吐などを引き起こす可能性があります。

 

薬用酵母

薬用酵母は、ビタミンやミネラル、アミノ酸など、髪の毛の成長をサポートしてくれる成分です。摂取することで、栄養不足が解消されて、髪の毛の成長も促進されやすくなります。

薬用酵母には、身体にたまるビタミンやミネラルが含まれているので、過剰に摂取すると、吐き気や下痢などを起こすリスクがあります。

 

ケラチン

ケラチンは、髪の90%を占めるたんぱく質のこと。しっかりと摂取することで、薄毛が改善されやすくなります。

ケラチンは、髪だけでなく、爪などを構成するたんぱく質ですので、過剰に摂取しても副作用は起こりにくいです。

 

L-シスチン

L-シスチンは、ケラチンを作るのに必要なアミノ酸です。不足すると、薄毛の原因になりますが、過剰摂取しても、副作用は起こりにくいといえます。

 

パラアミノ安息香酸

パラアミノ安息香酸は、髪や皮膚を酸化による老化から守ってくれる成分です。髪へのダメージを防いでくれるので、抜け毛や白髪の防止に有効と言えます。

そして、ビタミンB群の1種、葉酸の前駆体です。つまり、水溶性のビタミンB群なので、過剰摂取しても身体に蓄積することはありません。

パントガールの最安値販売店はどこか見てみる

 

副作用のまとめ

ここまで説明してきた通り、基本的にパントガールに含まれている有効成分には、目立った副作用はありません。

どれも薄毛や白髪に有効ですが、身体に有害な影響を与えないのです。

 

ただし、過剰に摂取した場合は、注意が必要です。

パントガールには、過剰に摂取した分は排出される成分が多いですが、身体に残ってしまうものもあります。そのため、下痢や嘔吐などの副作用のリスクがあります。

 

それでも、1日3回でかつ、1回につき1カプセルの使用方法を守っていれば、副作用を起こすリスクをほとんどなくせるのです。パントガールで副作用を起こさないためにも、使用方法を守るようにしましょう。

 

ちなみに、現在、妊娠中や授乳中の人、12歳未満の子供への影響は十分にわかっていません。そのため、該当する場合は、すぐに使用を中止して、医師に相談するようにしましょう。

 

乳ガンになる心配あり?

パントガールを飲むことによって、乳ガンになる心配・リスクはほとんどありません。その理由は、成分にあります。

 

そもそも、乳ガンのリスク要因は、女性ホルモンであるエストロゲンの働きです。

パントガールには、女性ホルモンの分泌に影響を与えるような直接的な成分は含まれていません。つまり、乳ガンを引き起こすようなリスクはないと考えられるのです。

 

ただし、乳ガンは生活習慣によっては発症のリスクが高まります。

パントガールが乳がんのリスクがなかったとしても、心配な人はすぐに病院で検査してもらうようにしましょう。

そうすることで、安心してパントガールを飲むことができますよ。

パントガールの最安値販売店はどこか見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)