プロペシアを使用して、本当に副作用の心配はない?

puropecia

プロペシアはAGAに高い効果があると認知されている薬で、実際に多くの人が利用して抜け毛を抑えたり、髪の毛の増毛を実感しています。

しかし、身体の中に入れるものですから、プロペシアの服用を考えた場合、どうしても気になるのは、その副作用でしょう。

 

プロペシアはほかの薬に比べると、副作用のリスクは低いと言われています。

本当に副作用の心配はないのか検証をしていきます。

プロペシアの最安値販売店はどこか見てみる

 

プロペシアを使うのは危険なのか?

プロペシアは多くの国で承認を受けている薬です。

臨床実験でもAGAの治療に適していると認められています。

男性ホルモンの中の抜け毛を誘発する働きのあるホルモンを抑制する働きがあり、日本全国多くの人が利用しているので、危険はありません。

 

ただし、プロペシアは男性用の治療薬です。女性は利用を禁止しています。

それは、危険があるというほどではありませんが、女性が利用すると、体に異変をきたすためです。

女性は、くれぐれも、使用しないでください。

 

プロペシアに副作用はある?どんな症状があるのか?

それでも、プロペシアは薬になるので、若干の副作用はあります。

これまで、報告されているのは、以下の通りです。

 

・肝機能障害(食欲不振、全身倦怠感、皮膚や粘膜の黄変)

 

プロペシアは肝機能障害の副作用の可能性があります。

肝臓には薬の成分を分解する働きがあるのですが、プロぺシアを服用する場合、毎日継続して何ヶ月も服用することになります。

 

このことが肝臓に大きな負担となってしまうのです。

肝臓の中の酵素が上昇し、肝臓の機能の低下を引き起こし、黄疸や体のだるさ、食欲不振の症状が出てきてしまうのです。

 

・射精障害

・性欲減退

・血管性浮腫(いわゆる、むくみ)

 

これらのほか、腎臓への影響を心配する声がありますが、プロペシアは腎臓への影響はほとんどありません。

 

プロペシアと同じくAGA治療に効果が高いと言われているミノキシジルがありますが、こちらは腎臓への負担が大きいため、腎臓疾患がある人の服用は禁止しています。

プロペシアは腎臓疾患がある人の服用を禁止していることもないので、肝臓への影響は気にする必要はないでしょう。

 

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、抜け毛を誘発する成分にだけ働きかけるため、副作用は極めて低いと考えられています。

ただ、世の中には心配性の方が一定数いて、糖尿病になるのではないかうつ病になるのではないかなどという声があります。

以下では、これらについて考察していきます。

 

糖尿病になる?

プロペシアを服用すると、糖尿病になるとは言えません。

しかし、前立腺肥大症の患者は、糖尿病のリスクが高まる傾向にあると、イギリスの研究グループが発表をしています。

 

プロペシアの主成分であるフィナステリドを前立腺肥大症の患者が服用したところ、糖尿病のリスクが30%高まったとの報告があります。

前立腺肥大症の方は、使用を控えることをオススメします。

 

うつになる?

薄毛や抜け毛がストレスになってうつ病になることはあっても、プロペシアを服用したことが原因でうつ病になることはありません。

 

仮に、薄毛による、うつ病の傾向があっても、プロペシアを服用して抜け毛が収まり、髪の毛が増加できれば、うつ病は抑えられるのではないでしょうか。

 

妊娠中は飲んではいけない?

プロペシアは男性のための治療薬です。

女性は、妊娠中はもちろんのこと、そもそも女性の服用を禁止しています。

女性は薬に触っただけで皮膚から成分を吸収してしまいます。

 

妊娠中に薬を服用すると、おなかの赤ちゃんに悪影響があり、流産となってしまう可能性が高いのです。

誤って触れてしまった場合、すぐに医師に相談をしましょう。

プロペシアの最安値販売店はどこか見てみる

 

プロペシアで副作用が出たという人の口コミ

それでは、プロペシアで副作用が出た!という人の実際の口コミを見ていきましょう。

 

「使い始めて、少し副作用が出るのを感じました。」

「何度か匂いに違和感があった程度です。」

「疲れているときなど、少しむくむ感じはしますが、強い副作用は出ていません。」

 

個人輸入代行を20年以上行っている実績と信頼のある老舗ショップ「オ〇サカ堂」の公式サイトにある利用者の口コミが500件程度掲載されているので、一つ一つ口コミをチェックし、副作用の記載がないかみていきました。

その中で見つけたのが上記の3つの口コミです。たったの3件で、上記以外の強い副作用が出たという口コミは見つかりませんでした。

 

この点からも、副作用の心配はほぼないと見てよいでしょう。

 

プロペシアで副作用症状が発生する確率はどれくらいか?副作用が出ても、治るのか?

プロペシアでの副作用が発生する確率は、さきほどの口コミを見ても低いことがわかります。

「MSD株式会社:医薬品インタビューフォーム〈プロペシア錠〉,2016」によると、男性機能障害は0.7~1.1%、肝機能障害は0.2%の発生率があると記載されています。

 

もしも副作用が出たとしても、薬の服用を中止すれば、症状は改善されます。

万が一、体の調子がおかしいと感じた場合にはすぐに医師に診てもらいましょう。

 

まとめ

プロペシアを使用しても、副作用の心配は不要です。

 

ただし、それは正規品であることが前提です。

もし、プロペシアの購入を検討されているのであれば、必ず100%正規品を保証している業者から購入するようにしてください。

 

また、どうせ購入するなら、最も安くお得に購入したいと思うはず。

 

当サイトでは、プロペシアの購入手段すべてを調査し、安心して最も安く購入できるオススメの購入方法を紹介しています。

詳しきは、以下のページをご覧ください。

プロペシアの最安値販売店はどこか見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)