VPMAXスプレーの効果がエグい!購入者の口コミ体験談と正しい使い方

人気の早漏改善の特効薬「VPMAXスプレー」

「売れてるみたいだけど、本当に効果あるの?」という疑問に対し、VPMAXスプレーの効果と使用者による口コミレビュー評価、そして正しい使い方をご紹介していきます。

 

VPMAXスプレーの効果

VPMAXスプレーの有効成分は2つ。

 

リドカイン・・・局所麻酔薬として病院などでも使用されています。

メントール・・・アルコールの一種で、表面麻酔効果もあります。

 

このダブルの局所麻酔薬により、亀頭部付近の敏感性を著しく低下させるのです。

 

VPMAXスプレーの良い口コミ

46歳男性

今回、初めてVPMAXスプレーを注文しました。他の薬の時と同じく、1週間くらいで届きました。

今までリドスプレーは使ったことがあって、VPMAXスプレーは安くて気にはなっていたんですが、リドスプレーはリドカイン自体の匂いやべとつきも、洗えば彼女にフ〇ラされてもバレなかったので使っていたんですが、VPMAXスプレーはどうか?

違いがそんなに無いなら値段も安いしと思い、買ってみました。

成分がリドカインとメントールが入っているようなので、匂いや味で洗った後どうか?効果はどうか??心配でしたが、私にはリドスプレーとの大きな効果の違いがわからなかったので、次回はVPMAXスプレーにしたいと思います。

次回は3本セットかな?(笑)

 

38歳男性

リドスプレーやプロコミルスプレーなど、早漏に関する商品を色々と試してみましたが、その中で一番いいと思ったのが、VPMAXスプレーです!

効果はそれなりにみんな効果はありましたが、値段的にもいいし、なにより一番長く楽しめたのはVPMAXでしたね!リピもありかと思います!

 

49歳男性

正直、半信半疑で使いました。確かに、早漏防止効果があると思います。でも、他の方がレビューされているように使うタイミングと量でだいぶ効果が変わるので、そこが難しいと思います。

パートナーと使いどころをすり合わせながら使うのがいいと思います。あと、洗い流すときに、お湯の温度を抑えないと、熱さに飛び上がることになるので、その点は注意ポイントです。

 

てっきり、彼女や奥さんなどパートナーに隠れてコソコソ使ってるのかと思いきや、むしろパートナーと協力しながら、お互いにとって気持ちのいいベストな状況をつくるために使っている人もいるようですね。

 

VPMAXスプレーの悪い口コミ

39歳男性

効果は間違いなくありますが、事前に自分にはどのくらいの時間と量が必要かを確認しておくことが絶対条件だと思います。つけすぎると、マジで立たなくなります。

 

42歳男性

つけ過ぎ厳禁です。スプレーしすぎると使い物にならなくなります。個人的には、効き目をみながら二段階での使用をオススメします。

 

早漏防止に効果がありすぎて、逆に迷惑という口コミが多く見当たりました。使用の際は、吹きかける量に注意してください。

 

VPMAXスプレーの効果持続時間

VPMAXススプレー後、約10~20分程度で麻酔効果があらわれ、持続時間は約30分前後です。

早漏の程度が人それぞれ異なるように、体格やその日の体調により効果の時間に差が出ます。パートナーの状況にも左右されますね。

 

VPMAXスプレーで起こりうる副作用

外用剤のため副作用はほとんどありませんが、成分に対してアレルギー反応が起こってしまうことがあり、かゆみ、赤み、情緒不安定、眠気、吐き気の症状が出ることが、過去報告されています。

 

VPMAXスプレーを使用した際に、少しでも異変を感じた場合はすぐに使うのをやめて、医師の診察を受けてください。

 

VPMAXスプレーの正しい使い方

1 ペ〇スの敏感な急所部分を狙って「シュッ・シュッ」と的確に吹き付けます。

性行為の約10分前には、敏感部に1~3回ほどスプレー。急所は、亀頭部上~カリ部根元部から裏筋の数センチ部分です。

日頃、挿入から射精までの時間が2分程度の早漏であれば、塗布は2,3回が妥当です。

ED気味の早漏の方は、EDの改善をできるだけ直してからの使用をオススメします。

早漏やEDには個人差があり、スプレーをどれだけ吹きつけるか、各自その量の調節が必要です。

 

2 約10~15分の経過後、成分の吸収を確認しシャワーで洗い流します。

吹付け後、シャワーを使わない場合は、必ずコンドームを装着しましょう。

 

 

VPMAXスプレーを使用する時の注意点・併用禁止薬

1度のプッシュ回数は3回まで

ケガや傷のある部分には使用禁止

使用後、一時的にめまいがあらわれることがあります。車の運転や機械の操作、高所で作業を行う際には十分な注意が必要

現在、別の薬を服用されている方、治療中の方は使用前に医師に相談をすることが必要

過去に医薬品を使用し、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある人は、使用前に医師に要相談

「抗凝血薬」「アミオダロン」「クラスI抗不整脈薬」「クラスⅢ抗不整脈薬」などを含む抗不整脈薬との併用は禁忌

「オピオイド系」の鎮痛薬、「ニトログリセリン」「亜硝酸アミル」などの硝酸薬、「サルファ剤」などの化学療法薬併用禁忌薬

 

VPMAXスプレーの適切な保管方法

・キャップをしっかり閉める

・高温多湿を避け、直射日光の当たらない涼しい場所で保管

・子供の手の届かないところに保管

・開封後は早めに使用

・期限の過ぎた商品の使用はしない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)